猫砂としてもオススメ♪ペレット燃料でエコ活用

木質ペレットが猫砂として販売されています。

 

ペット用に販売されているものはペレットストーブの燃料よりも割高に感じます。

 

猫ちゃんを飼っている方はペレット燃料を活用されてみてはいかがでしょうか。

猫砂の種類と特徴

猫を飼っている方はには今更ですが、簡単に猫砂と種類の特徴をまとめてみました。

 

・鉱物系

おしっこが良く固まるといわれている

・食物系

・木材系

自然のものを使っていて安全といわれている

・シリカゲル系

消臭効果が高いといわれている

・紙系

軽くて運用しやすい

 

またおしっこの後の猫砂は固まるものとサラサラ崩れるものの二種類に分かれます。

 

ペレットの特徴

ペレットは木材系になりますので、自然で優しい素材です。

水に触れると砕けて粉々になります。

紙系のように水にぬれて膨らんでしまい誤飲したときにお腹の中で膨張してしまい腸閉塞になったりという心配もないですね。

 

トイレが詰まる原因にもなるので、トイレに流すことはできません。

 

うんちの場合は都度交換になります。

システムトイレと合わせると、水分を吸ったペレットが粉上になり下のトイレシートに落ちてきます。

 

シートを交換する前に猫砂を少しかき混ぜてあげると残っている粉も落ちてくるので、衛生的に使用できます。

猫砂を交換する時に注意したいこと

今までと全く違ったタイプの猫砂にした場合、猫ちゃんが気に入ってくれるのかは結構大事なポイントですよね。

合うか合わないかなどはそれぞれあるので、最初は今使用している砂に少しずつ混ぜながら替えていくと良いそうです。

また木質ペレットの木材のにおいが気になるかどうかも無臭ではないため、中にはあうあわないがあるかもしれません。

 

まとめ

ペレットストーブを設置していて猫ちゃんを飼っていたら、猫砂として使用してみてください。

 

ペレット燃料は森林組合だけでなく、場所によりますがホームセンターでも販売されています。

ホームセンターに行かれた時に店員さんに聞いてみてください。

 

ペットコーナーの猫砂より値ごろ感があります。

インターネットでは木質ペレットの猫砂 20キロで2000円くらいですが、ペレット燃料としは、10キロ600円くらいになります。(※2018年9月時点)

【軽井沢町】ペットも喜ぶペレットストーブ


佐久市・上田市・軽井沢町など長野県東信地域でのペレットストーブ設置のことなら、ペレットプラスまでご相談ください!

見学のご予約はお電話にてお承りしております。お気軽にご連絡ください♪(定休日:日曜、祝日)
TEL:0267-78-3849

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。