ペレットストーブのFF式FE式の特徴を知って暖かく過ごす

ペレットストーブの排気方式に見られるFF式とFE式、CF式の3種類があります。

 

CF式は電気を使わず薪ストーブ同様にドラフト効果で排気を行う方式になりますので、機種が限られます。

 

 

国産に多いFF式と海外製に多いFE式の特徴を知って、冬快適に過ごせるお部屋作りをしませんか。

 

 

 

 

FF式(強制吸排気)

 

燃焼室が室内と完全に区切られ、壁の貫通部分に給排気筒を設置し、給気と排気を強制的に行います。

 

薪ストーブの外気導入と同じく負圧に左右されにくいので、高気密住宅で好まれる方式です。

 

室内の環境にも影響を受けることなく使用することができ快適な冬の暖がとれます。

 

 

ただ、屋外の冷たい空気を使うため、高温にするために大容量のエネルギーが必要で、着火トラブルが出るのを防ぐため、手動着火、セラミックヒーターにしているメーカーなどもあります。

 

ペレットタンク蓋が密閉されているものもあり、引火の危険も少なくなります。

 

 

 

FE式(強制排気式)

 

室内より燃焼用空気を取り込み、排気はファンを使用して強制的に屋外へ排出します。

 

室内の暖かい空気を燃焼に使用するため外気温が低い時でも安定した着火が得られます。

 

燃焼効率が高く、海外製のペレットストーブはほとんどがこのタイプ。

 

燃焼効率が良いため、電力の消費も少ないです。

 

排気ファンが適度に部屋の空気を循環させ空気清浄の効果もあります。

 

 

 

 

 

家が高気密住宅で、設置できる機種がよくわからない、などのご相談もペレットプラスまでご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。