コールドドラフト対策に!!3つの方法

コールドドラフトとは、冷たい窓辺から発生する下降冷気のことで、室内の暖かい空気が冷たい窓ガラスに触れることで急激に冷やされ、その冷気が下に流れてきたものです。

この冷風は外から入ってきたものではなく、室内で発生しているものになります。

 

暖房をつけてるのに部屋が寒い・・・それはコールドドラフトが原因かも!

 

 

家の熱の4割は窓から逃げると言われていることから、対策として窓周辺を見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

床暖房にしたり、新しく暖房器具を設置したのに家の中が暖かくならないという方は、断熱不足が原因かもしれません。

 

古い家は断熱性が低く、特に窓ガラスが1枚の家は外気の影響を受けやすく、すぐに窓が冷えてしまいます。

 

その為、断熱性能が低い窓のまま暖房能力を上げても根本的な対策をしない限り冷気を防ぐことができませんし、光熱費もかさんでしまいます(>_<)

 

暖房を新しくしたのに暖かくならない!!その理由とは

 

 

コールドドラフト現象が起きているかの確認

 

家が寒く、コールドドラフトが原因かも…と思った時には、結露が起きているか確認してみましょう。

 

窓ガラスに結露が起きるのは窓ガラスが冷えているからです。そのような家はコールドドラフト現象が起きやすい家といえます。

 

 

 

コールドドラフトを防ぐには

 

窓ガラスを冷やさないように、断熱性能が高い窓ガラスやサッシに交換する

断熱性能が高い窓ガラスは冷えにくいため、コールドドラフト現象が起きにくくなります。

 

室内の暖かい空気が冷たい窓ガラスと触れないように、内窓や断熱スクリーンを取り付ける

取り付けることで冷やされた空気が室内に流れてこないようにする効果もあります。

 

窓の下にパネルヒーターを設置する

冷やされた空気をすぐその場で暖め、冷気が室内に流れないようにするためで、北欧や北海道の住宅などでは窓の下にパネルヒーターが置かれています。

 

窓にはカーテンなどがついていますので、火災の原因を防ぐためにも安全性の高い暖房器具を置くことが大切です。

 

 

ペレットプラスでは、ペレットストーブ以外にも信州の冬を暖かくお過ごしいただける暖房に関するご提案も行っております。

見学のご予約はお電話にてお承りしております。お気軽にご連絡ください♪(定休日:日曜、祝日)
TEL:0267-78-3849

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。