ペレットストーブと暖房器具を上手に使って家を暖かくする

お客様のメンテナンスにお伺いすると、ペレットストーブと暖房器具を上手に併用されている方が多いです。

そのため、ご利用が多い暖房器具の特徴などをまとめてみました。

 

 

◇エアコン

空間全体を温風の循環で暖めますので、リビングなど広い空間全体を暖めたい場合に向いています。

・メリット

温度設定などを細かく設定できるのである程度自分好みの暖かさにすることが可能

安全性が高く節約効果が高い

他の暖房器具との相性が良い

タイマー設定が出来るので、事前に暖めておいたり、消し忘れを防ぐこともできる

 

・デメリット

暖まるまでに時間がかかる

部屋全体が乾燥しやすい為、加湿器が必要

外気温に影響されやすく、寒冷地での使用はある程度性能が良い物でないと効果が期待できない

室内と室外に場所を確保する必要がある

 

 

◇電気ストーブ

本体から発する熱エネルギー(赤外線・遠赤外線)で、主に前面の物体を輻射熱(空気などの気体を介さず直接電磁波で伝える熱)で暖めます。

暖めたいスポットが決まっている場合や他の暖房器具で部屋が暖まるまでの間など短時間のみ使用する場合に向いています。

 

・メリット

設置場所の移動が簡単

部屋を瞬間的に暖めてくれる

トイレや脱衣所など暖房を効かせにくい場所で使うことができる

価格が手ごろ

 

・デメリット

局所的にしか暖められない

空気そのものを暖める力は弱く、暖かさを感じられるのは、電気ストーブの正面にいる時だけ

消費電力が高くコスパが悪い

 

 

◇石油ファンヒーター

ファンを利用して熱風を送り出す器具です。風によって部屋全体を温めるので、エアコンに近い暖房器具。

 

・メリット

部屋を比較的早く暖めてくれる

簡単に設置場所を移動できる

 

・デメリット

定期的な換気が必要

 

 

◇石油ストーブ

・メリット

電気を使用せずに暖房できる。

地震や停電で電気が使えない時でも、暖を取れる

価格が手ごろ

 

・デメリット

定期的な部屋の換気が必要

 

 

◇オイルヒーター

本体の放熱によって起きる、空気の自然対流で暖めます。

空間全体を長時間暖めたい場合に向いています。

 

・メリット

乾燥しにくい

 

・デメリット

暖まるまでに時間がかかる

 

 

◇床暖房

電気ヒーターで暖めたり、床の下に温水を流すタイプがあります。

・メリット

空気や肌が乾燥しにくい

足元から暖かい

風が出ないのでホコリが舞いにくい

部屋全体が暖まる

 

・デメリット

部屋が暖まるのに少し時間がかかる

初期コストがかかる

設置工事が必要

 

ペレットストーブも暖まるまでに時間がかかるタイプもありますので、合わせて使うとより効果的にお部屋全体を暖めることができます。

ペレットストーブのメリット・デメリットは?

ペレットストーブの7つのメリット

 

 

また床暖房はベストプランニングでも取り扱っていますので、家全体の寒さが気になるという方もお気軽にご相談下さいませ。

床暖房リフォーム施工例

 

佐久市・上田市・軽井沢町など長野県東信地域でのペレットストーブ設置のことなら、信州の冬をデザインするペレットプラスまでご相談下さい!

見学のご予約はお電話にてお承りしております。お気軽にご連絡ください♪(定休日:日曜、祝日)
TEL:0267-78-3849

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。