長野県今年の天気はどうなる? 2020年12月~2021年2月

昨年、一昨年は思ったより寒くないということで雪も少なかったですよね。

では、今年はどんな感じなのでしょうか?

 

 

天候に大きな影響を与えるラニーニャ現象・エルニーニョ現象

エルニーニョ現象:太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象。

ラニーニャ現象:反対に、同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く。

それぞれ数年おきに発生。

昨年、一昨年はエルニーニョ現象が発生したため暖冬傾向に、今年は北日本以外では冬らしい寒さとなる見込みに。

 

気象庁より引用

 

 

今後の予想(12月~2月ごろ)

東日本の日本海側(新潟県周辺)の降雪量が平年並みで、天気は曇りや雨・雪の日が多いという予想。

首都圏に加え、東日本から西日本まで、太平洋側の広い地域では冬らしく晴れる日が多い見込み。

注意が必要なのは、換気が流れ込んで気温が低い日が続いた後に、本州の南岸を低気圧が通過した場合(南岸低気圧)

地上付近の気温が低くなっているところに、本州の南岸を低気圧が通過して降水があると、雨ではなく雪として降るため、普段雪の降らない関東地方や東北地方の太平洋側で大雪になる可能性もある

 

南岸低気圧の予報の時には、首都圏を含めた太平洋側の地域でも大雪に対して注意・警戒が必要

 

まとめ

11月の暖かさから比べると本格的な寒さが始まる12月からは、去年よりは寒くなりそうですね。

長野県の東信地域は関東に近い天気になるため、晴れの日は多そうです。

ただ、近年の傾向として雪が降るときは短時間に大量の雪が局地的に積もる場合もあるため、注意が必要。

天気予報で、上空の強い寒気・強い冬型気圧配置・暴風雪・南岸低気圧などのキーワードを見聞きした場合は、天候などに注意をしておいた方が良さそうです。

 

普段は降雪量も少ない東信地域も、急な雪などには注意したいですね。

 

佐久市・上田市・軽井沢町など長野県東信地域でのペレットストーブ設置のことなら、信州の冬をデザインするペレットプラスまでご相談下さい!

見学のご予約はお電話にてお承りしております。お気軽にご連絡ください♪
TEL:0267-78-3849

問い合わせ・見学予約

お問い合わせ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。