ペレットストーブ専門店ペレットプラス

TOPICS ペレットストーブとは ペレットストーブとは一覧を見る

2020.03.06

新築住宅にペレットストーブ設置したい場合の流れは?

すでに住んでいる家にペレットストーブを導入したい場合、

新築建築中でペレットストーブの導入を検討している場合は多少流れが異なる場合も。

今回は、新築建築時にペレットストーブの導入を検討した場合、設置までの流れをお伝えします。

 

既存住宅に設置する場合

現調→見積→(補助金対象地域の場合はここで役所へ書類提出)→申請許可(補助金ある場合)→設置工事となります。

 

新築住宅の場合

建築依頼をしているハウスメーカーにより異なる場合もある。

 

出来上がって完了検査が終わってから、お客様自身で弊社に依頼して設置。

この場合は、既存住宅の設置と同じ流れ。

 

建築途中で穴あけOKな場合は、途中で穴を開ける

断熱材が吹付断熱の場合は、吹付前に穴あけをおこなう必要があります。

事前穴あけの場合は、建物引渡し直前に設置する場合が多い。

 

新築建築中の場合は、実際の建物がなく現調ができないため、図面があると設置場所などが確認しやすいです。

新しい家にペレットストーブを入れたいなどございましたら、お気軽にお問い合わせください^^

佐久市・上田市・軽井沢町など長野県東信地域でのペレットストーブ設置のことなら、信州の冬をデザインするペレットプラスまでご相談下さい!

見学のご予約はお電話にてお承りしております。お気軽にご連絡ください♪
TEL:0267-78-3849

 

SHARE

関連記事

ペレットプラス