ペレットストーブ専門店ペレットプラス

TOPICS 施工事例 施工事例一覧を見る

2018.06.26

ペレットストーブを設置したいけど燃料の置き場所がない!

よくあるフツーの物置ではなくて「少しおしゃれなデザインの物置を置きたい」とか、ペレットストーブの置き場所は考えたけど「燃料を置く場所が家の中にない…」などの心配事はありませんか?

 

ペレットの燃料の使用量は、ストーブの大きさ、使用頻度にもよりますが、おおよその目安で1時間に約1キロを使用します。

 

1日10時間ペレットストーブを使用すると1日あたり1袋消費することになります。

 

最近ではホームセンターなどでも取り扱いのあるペレットですが、森林組合や工場で入手した方が単価は安いです。

 

ただ、住まいによってはスーパーやコンビニのように近くにはないので、まとめて購入される方がほとんどだと思います。

 

真冬の寒い時期にストックもなく、雪でも積もってしまったら買い出しにも行けなくなってしまいます。

 

ある程度の燃料の備蓄は必要ですが、家の中にペレットを置いておくと燃料に占領され歩きづらい・・・なんてこともあるかもしれません。

 

薪ストーブの薪ほど場所はとりませんが、半月から1カ月分の備蓄があると安心ではないでしょうか…

 

弊社でも燃料置き場兼物置きになっているガーデンシェッドですが、こちらのサイズで1畳になります。

 

 

 

設置場所にもよりますが、佐久のショールームでストブロックを下に置いて土台は完成です。

 

 

設置自体は組み立てたものをユニックで釣りあげて移動し設置します。

 

 

平坦な場所での設置では1数時間程度で作業が終了します。

 

 

 

防水ペンキ、内側には湿気対策に防水シートが張られています。

 

両扉か片扉か選べたり、カラーバリエーションも10色になっておりますが、別の色を選択していただくことも可能です。

 

小さいサイズでも燃料の他タイヤ2台分、雪かき道具などは収納可能です。

 

もう少し大きめのサイズにすると、自転車やバーベキューセット、DIY用品など色々なものが収納できますね。

 

佐久のショールームでは実物をご覧いただけます。

お問い合わせはこちらから

SHARE

ペレットプラス