ペレットストーブ専門店ペレットプラス

FAQ よくある質問

ペレットストーブは一般の家庭でも設置できますか?

ペレットストーブの設置は一戸建ての住宅であれば、ほぼ可能です。
※マンションなどの集合住宅では、管理者または管理組合さん、及び近隣の方々に、①壁に穴を開けること②着火時に煙と燃焼時の匂いが出ることという2つの承諾を得る必要があります。
給排気口からは140℃の燃焼ガスが排気されますので、隣家とある程度の距離がある一戸建てが望ましいです。
特有な条件により設置不可能な場合もありますので、まずは設置したい箇所についてご相談ください。

室内や外が煙でにおったりしませんか?

ペレットストーブは、排気を室外に出していますので、室内に煙、においが出ることはありません。
屋外の排気管出口付近では、着火時の煙と木材を燃やした時に出るにおいが若干ありますが、ほとんど気にならない程度です。
ペレットプラスのショールーム(長野県佐久市)では、実際にペレットストーブを着火運転しているところをご覧になれますので、においの問題について気になる方はぜひご来場ください。
(※ショールームは事前予約が必要です。0267-78-3849にお電話くださるか、WEBフォームからお問合せください。)

煙突を取り付ける工事は必要ですか?

屋根を貫通するような煙突工事は必要ありません。排気筒の設置のみの簡単な工事となります。
設置場所によっては排気筒の立ち上げ工事が必要な場合もあります。

設置費用はどのくらいかかるの?

標準的な設置工事費用としては、設置するストーブの機種により異なりますが、給排気管を含め、ストーブ本体価格+15~20万円が目安になります。
(佐久市・東御市・上田市などでは、ペレットストーブの設置に補助金が交付される自治体もあります。ご自分のお住まいが対象地域かどうかは、各自治体にご確認ください。)
ただし、設置場所や設置条件により設置費用が異なりますので、設置予定場所を確認してから正式なお見積りをお出しさせていただきます。

ペレットストーブの設置に補助金が出るってほんと?

長野県の多くの自治体ではペレットストーブの設置に関する補助金の交付を行っています。東信地区でも佐久市・軽井沢町・東御市・上田市では各自治体のウェブサイトにて補助金の交付に関するお知らせが載っています。
補助金額や申請条件など各自治体により多少異なりますので、各自治体のウェブサイトをご確認ください。
なお、受付方法が先着順のところもありますので、補助金を使っての設置をお考えの方はお早めに各自治体までお問い合わせをお願いします。

ペレットストーブの暖房能力はどのくらい?

家庭用のペレットストーブでは、小型のものでは約6畳程度から、大型のものでは約60畳程度までお部屋を暖めることのできる機種もあります。
ただし、お住まいの気密性や天井の高さ(吹き抜けの有無)などによって暖房能力に多少差がありますので、ペレットストーブを選ぶ際にはそれらのことを総合的に踏まえて設置する機種を考える必要があります。

燃料費はどのくらいかかるの?

おおよその目安ですが、1時間に約1キロのペレット燃料を使用します。
ペレット燃料は1キロ50円前後ですので1日10時間ペレットストーブを使用すると燃料代は約500円、1ヶ月の燃料代はおおよそ15,000円前後となります。

電気は使いますか?

安全装置のために電気を使用します。機種にもよりますが、運転時に47~150Wの電力を使います。

メンテナンスは必要ですか?

必要です。
ペレットは木からできているので燃焼時に灰が出るため、燃焼ポットと灰受け皿の掃除が必要です。
また、炎を見るための窓は、ペレットを燃やすことで出る煙でだんだん汚れていきます。
長時間汚れを放っておくと汚れが落ちにくくなってしまいますので、こまめに汚れを拭き取ってください。
日々のメンテナンス以外に、給排気管のお掃除も必要になります。
こちらもストーブの使用頻度などによっても異なりますが、1年~2、3年に1回は給排気管内に溜まった煤を取り除く必要があります。
ご自身でお掃除されるのが難しい場合には、弊社にてメンテナンスを行わせていただきますのでお気軽にご相談ください。

ペレットストーブを初めてご覧いただいた方からいただく5つの質問

ペレットプラス